だいちゃんの雑ブログ

おもしろく、分かりやすく

卓球Tリーグの坂本竜介監督がイップスを乗り越えた話

f:id:satodai0206:20190718115241j:plain

今回は、卓球プロリーグのTリーグ T.T彩たまの坂本竜介監督

が現役時代にイップスを乗り越えた話を紹介します。

イップスとは

精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレーや意識が出来なくなる症状のことである。

坂本竜介監督の場合は、イップスによりサーブが思うように出せなくなった。

 

坂本竜介とは

卓球ファンの方は、ほとんどの方が坂本竜介監督のことを知っていると思う。

そうでない方は、坂本竜介監督を知らない方がほとんどだろう。

卓球に興味が無い方でも、坂本竜介監督の生き様は知っておいた方が良いだろう。

本題に入る前に、坂本竜介監督の紹介をします。

現在の活動

マルチに活躍している坂本竜介監督の活動内容を紹介します。

  1. Tリーグの T.T彩たまの監督&執行役員
  2. upty株式会社 代表取締役
  3. NEXT GENE株式会社 代表取締役
  4. 合同会社EnZin 顧問

監督以外にも経営者としても活躍されています。

坂本竜介 Twitterアカウント

twitter.com

選手時代の活躍

現役時代は、リオオリンピックの銅メダリストの『水谷隼選手』が

絶対に勝てないと言うほどの実力者でした。

その強さから『怪童』と言われていました。

また、ドイツに卓球留学し日本にヨーロッパスタイルの卓球を

広げるなどの実績から『卓球界のパイオニア』とも呼ばれていました。

大会での主な実績

  • 全日本ジュニアの部 優勝 1999年(当時の最年少記録)
  • 世界選手権代表 3回 2001年/2003年/2005年
  • 全日本選手権 混合ダブルス優勝2回 2004年/2006年(ペア:福原愛)
  • 全日本選手権 シングルス3位 2005年
  • 全日本選手権 ダブルス準優勝 2013年

素晴らしい実績ですね。

2006年~2012年まで、ほとんど実績がありません。

この間が坂本竜介監督がイップスと戦っていた時期です。

どうやって乗り越えてきたのでしょうか?

坂本竜介監督がイップスを乗り越えた話

動画の内容を動画の下にまとめましたが

できれば動画を見て坂本竜介監督の言葉で聞いてください。

youtu.be

【卓球動画】Lili Ping Pong Channel - YouTube

株式会社Liliの村田雄平代表と坂本竜介監督の素晴らしい対談

イップスの話は『 7:25 』からです。

1番得意な技術が出来なくなった

現役時代、1番得意な技術がサーブが出せなくなった。

正確には、サーブの回転がかからなくなったのだ。

卓球においてサーブに回転がかけれないのは致命的なのだ。

 

最初は原因も分からないが、サーブが出せないため

今まで負けたことがない相手にもストレート負けするようになった。

  • 練習しないから弱い
  • ヒゲをはやしているからダメ
  • 髪染めているからダメ

など周りからボロカスに言われ『メンタル』がやられてしまった。

その状態で4年間もがいていた。

「重度のイップス」と診断される

4年経って病院に行った時に「重度のイップス」と診断された。

イップスと分かった瞬間に

『じゃあサーブの練習やめたらいいやん』

と思った。

4年間、一生懸命サーブの練習もいっぱいした。

やればやるほど、過緊張になっていた。

練習やればやるほど、サーブが出せなくなっていた。

『じゃあサーブ無しでかったらいいんじゃう?』

という発想に変えた。

練習を変えたらまた勝てるようになってきた

そこから練習のやり方を完全に変えた。

サーブをチキータなどで打たれることを前提に練習した。

そしたら、成績が上がってきた。

  • 全日本社会人のダブルス優勝
  • 全日本選手権のダブルス決勝進出

日本のトップで再び活躍できるようになった。

6年間の振り返り

1番得意なサーブが出来なくなった。

その中でも選手として勝てる方法を見つけないといけない。

『サーブを捨てる』

1番得意な技術を捨てる。

これがどれだけ辛いか。。。

4年間結果が出なかったのは、

原因がわからず、サーブを練習し続けたから。

 

サーブが出せないからサーブ練習をせず

レシーブ練習の練習に集中することで結果が出せた。

 

できないことは手放す。

結果を出すためにできることに集中する。

 

そしたら、イップスでも全日本決勝に行けた。

 

 

イップスから学んだこと

イップスを経験したから怖いものがない。

失敗したら謝れば良いって本当に思っている。

失敗したらまたやればいいと思っている。

だから新しいことにトライする。

 

それはイップスから学んだ。

イップスで最高のサーブを諦めることができた自分がいる。